イベント・夜間開館

イベント

文芸酒場

2017年7月29日(土)
徳田秋聲記念館

金沢の文化とお酒にまつわるエピソードを紐解く夜のミュージアム談義。
徳田秋聲記念館を観覧ののち酒場に会場を移しての食談をお楽しみいただきます。
秋聲が愛した酒と料理、小説から読み解く酒肴の数々。
そして加賀菊酒をはじめとする日本酒の魅力も探っていきます。
食談 倉嶋紀和子(古典酒場編集長)
   薮田由梨(徳田秋聲記念館学芸員)
食談会場 日本酒 真琴 金沢市東山一丁目5-3

時間
18:30~(開場18:10)
参加費

酒肴代2,500円と入館料300円
※食談をご希望の方は当日年齢確認が出来るものをご用意ください。

定員

15名

予約受付
6/29受付開始
お申込みフォーム

電話にてお申込みの方は 076-223-9898(金沢芸術創造財団・平日のみ)

  • 倉嶋紀和子(くらしま・きわこ)

    酒場雑誌「古典酒場」編集長。
    熊本県生まれ。お茶の水女子大学大学院卒。
    三度の飯より大好きな酒の本をつくりたい、と07年「古典酒場」を創刊。泥酔しては記憶喪失、そんな日々の呑んだくれ生活を綴った「古典酒場編集長酔いどれブログhttp: //ameblo.jp/kotensakaba/ を運営。
    熊本復興応援雑誌「古典酒場特別編集 熊本酒援酒場」好評発売中。
    著書に「Tokyoぐびぐびばくばく口福日記」。
    CS旅チャンネル「平成酒どころめぐり」にて、酒蔵&酒場ナビゲーターとして出演中。