イベント・夜間開館

イベント

囃子の調べ
〜江戸の風情〜
【受付終了】

2018年8月10日(金)
寺島蔵人邸

民族芸能、祭事、寄席、能狂言、歌舞伎...さまざまなシーンで場を盛り立ててきた「お囃子」。みなさんはどんなお囃子を耳にしたことがありますか?日本独特のリズムを楽しむひとときをお届けします。
出演:望月太満衛(太鼓)、石森祐也(笛)、藤田和也(笛)

時間
19:00~(開場18:30・約40分)
参加費

入館料

定員

20席分

予約受付
7/10受付開始
申込先
Web / 076-225-7780(金沢アートグミ・水曜休)

  • 望月太満衛(太鼓)
    1988年 石川県金沢市生まれ。
    幼少の頃より祖母・母の手習いを受け、長唄を十五代杵屋喜三郎、囃子を十一代目望月太左衛門に師事。
    東京藝術大学邦楽科卒業。卒業後は金沢を拠点に全国各地で演奏活動を行う。石川県立音楽堂企画公演にてコンテンポラリーダンサー森山開次の新作ダンス公演にも参加するなど、古典を守りつつジャンルを越えたコラボレーション作品にも積極的に取り組む。
    2018年は中国ハルビン市、チェコ共和国プラハ市でも公演を行う。
    長唄協会会員。金沢素囃子子ども塾講師。

  • 石森祐也(笛)
    1989年 埼玉県飯能市生まれ。東京藝術大学音楽学部邦楽科に入学し、 同大学院修士課程を修了。邦楽囃子の研究に努める。
    NHK大河ドラマ「江」「軍師官兵衛」にて楽器指導・演者として出演している。
    草加カルチャーセンター講師。他、国指定重要無形民族文化財『秩父神社神楽』、板橋区指定『 里神楽・萩原正義社中』、若手邦楽演奏者の会『互』、 NPO法人・Act.JT『大田楽』等にも所属。
    近年は、正月に獅子舞、秋の紅葉時に神楽公演、小学校・中学校にて芸術鑑賞会と、ジャンルを問わず、様々な演奏で活動している。

  • 藤田和也(笛)
    1989年 千葉県佐倉市生まれ。東京藝術大学邦楽科卒業。
    邦楽(歌舞伎)囃子 笛方、国指定重要文化財 江戸里神楽 若山社中。
    都内のみならず海外各地や日本各地で歌舞伎囃子、江戸祭囃子、獅子舞など様々な演奏や舞を行う。三社祭や鳥越祭、神田祭等の祭礼で太鼓や笛の演奏、著名人との演奏や様々な洋楽器とのコラボ演奏、ミュージカルや音楽劇での演奏も多数。
    NHK大河ドラマ「江」「軍師官兵衛」「おんな城主 直虎」に参加・出演するなど、ジャンルを問わず和楽器の魅力を発信している。