イベント・夜間開館

イベント

足立智美 コンサート / ワークショップ
人類と人工知能

2018年8月31日(金)
金沢21世紀美術館

パフォーマー・作曲家・音響詩人の足立智美が仕掛けるワークショップ。人工知能を使った作品などを楽器や声、手拍子などを使ってみんなで演奏します。


【曲目】
・間違って教育された人工知能がその場で生成する楽譜による声と観客のための協奏曲(2017)
・人工知能合成詩:ラウル・ハウスマン+古今和歌集の無茶な朗読(2017)
・金沢21世紀美術館のための新作


【足立智美プロフィール】
パフォーマー/作曲家/音響詩人。1972年金沢生まれ。
声、コンピュータ、自作楽器によるソロ演奏を始め幅広い領域で活動し、ヤープ・ブロンク、坂田明、ジェニファー・ウォルシュ、高橋悠治、一柳慧、山田うん、伊藤キム、コンタクト・ゴンゾ、猫ひろしらと共演、また非音楽家との大規模なアンサンブルのプロジェクトもおこなう。声のパフォーマーとして新国誠一の視覚詩、音響詩の上演、1996年にはクルト・シュヴィッタースの《ウアソナタ》の日本初演をおこなっている。
作品には自作のフィジカル・インターフェイス、ツイッター、脳波から人工衛星、テレパシー、骨折までを用い、テート・モダン、ポンピドゥー・センター、ベルリン芸術アカデミーなどで公演、DAADより2012年ベルリン滞在作曲家としてドイツに招聘、以降ベルリン在住。


足立市場 「ぬぉ」
https://youtu.be/yGsqGCH1VdU

時間
ワークショップ16:00~(約150分)
コンサート19:00~(開場18:45・約60分)
参加費

ワークショップ 500円(学生無料)、コンサート 無料

定員

ワークショップ 20名(中学生以上で、楽器を持参し、音を出せる方対象)

予約受付
7/1受付開始
申込先
076-220-2811(金沢21世紀美術館 交流課 ※火-日10:00~18:00)