イベント・夜間開館

夜間開館

泉鏡花記念館

2018年8月11日(土)
開催中の展覧会

特別展『日本橋』-鏡花、雪岱、千章館-

会期:5.25[金] - 9.9[日]

 近代文学装幀史において、特に"鏡花本"と称される泉鏡花(1873-1939)の初版本。なかでも大正3年9月刊行の鏡花の書き下ろし小説『日本橋』は、これが鏡花本装幀のデビューとなり、その後、意匠家として活躍した日本画家小村雪岱(1887-1940)、そしたその版元である千章館社主堀尾成章(1885-1944)の深まりゆく交流の上に誕生した記念碑的作品であり、今なお多くの愛書家の憧憬の的となっています。
 作品世界を体現するような装幀で鏡花愛読者を魅了した『日本橋』。鏡花の伊豆滞在記にあたる明治41年6月に"鏡花先生の小説を愛読する人々の集り"として発会し、いつしか"鏡花会"と称された鏡花を囲む親睦会を拠点に繰り広げられた鏡花、雪岱、そして成章の交流を、このたびあらたに確認された『日本橋』の自筆原稿をはじめ、堀尾家旧蔵の新資料の数々を通してご紹介する展覧会です。

時間
~20:00 (入館は19:30まで)
入館料

一般 300円 / 65歳以上 200円 / 高校生以下 無料