イベント・夜間開館

夜間開館

安江金箔工芸館

2018年9月15日(土)
開催中の展覧会

夏季展 金と銀

会期:5.12[土] - 9.24[月]

 有史以来、「金」は人々の憧憬の対象であった。神秘的な輝きを放つ金に魅了された人々は、 古今東西を問わず装飾品、宮殿や仏閣などの建築物の他、絵画、彫刻、工芸(陶磁、漆芸、ガラス、ジュエリー)などの 美術品の装飾に金を取り入れてきた。 金を薄く伸ばした金箔は、 効率的な素材として、これらの表面装飾の中で重要な役割を担うことになり、作り手たちは様々な工夫を凝らし金箔を活用した。 日本においては、世界遺産に登録された鹿苑寺金閣(金閣寺)、 中尊寺、日光東照宮などの歴史的建築物、近年では迎賓館などで多数の金箔が効果的に使用されている。 一方「銀」は美しい白色の輝きを放つとともに、硫化反応など により変色が発生するが、その変質も魅力の一つと捉え、美術工芸品の装飾素材として多様されている。
 本展示では、金(金箔)や銀(銀箔)などを効果的に取り入れ た美術工芸作品を展示し、その色彩美を鑑賞する。
 また、金箔を現代美術に取り入れた福田篤夫の作品も展示する。

時間
~20:00 (入館は19:30まで)
入館料

一般 300円 / 65歳以上 200円 / 高校生以下 無料