イベント・夜間開館

イベント

オーケストラ・アンサンブル金沢
30周年記念
能×弦楽四重奏×モダンバレエ

2018年10月 7日(日)
金沢能楽美術館

―夢幻の夜会―

和と洋。古典と現代。相対する文化が、しなやかに共存する街、金沢。
能囃子とモダンバレエが出逢い、気鋭の能楽師がオーケストラ・アンサンブル金沢の四重奏で舞う。和洋の名手たちが繰り広げる、一期一会の異流共演。
秋の夜長に夢幻の世界をお楽しみください。


[演奏予定曲目]
 一調一管「獅子」
 洋舞×能囃子「神楽」
 バッハ/G線上のアリア
 能舞×クラシック
 ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第4番より 第1楽章ほか

[出演者]
 ・渡邊茂人 宝生流能楽師
 ・中村香耶 モダンバレエ
 ・オーケストラ・アンサンブル金沢 弦楽四重奏団
   ヴァイオリン 坂本久仁雄、トロイ・グーギンズ
   ヴィオラ 石黒靖典
   チェロ 大澤明
 ・能囃子
   能管 江野泉
   太鼓 麦谷暁夫

時間
19:00~(開場18:30・約60分)
参加費

入館料

定員

70席分

予約受付
9/4受付開始
申込先
076-220-2790(金沢能楽美術館・月曜休)

  • 渡邊茂人
    金沢市生まれ。宝生流能楽師・渡邊容之助の長男。8歳で初舞台。東京藝術大学音楽部邦楽科卒業。宝生英夫、宝生英照に師事。97年初シテ。2009年から拠点を金沢に移し、精力的に活動。これまでに「石橋」「乱」「道成寺」「翁」を披演。重要無形文化財総合指定保持者。

  • 中村香耶
    2歳より祖母・中村祐子に指示。埼玉全国舞踊コンクール3位。昭和音楽大学短期大学部音楽科バレエコース卒業。県内外の舞台に多数出演。サンフランシシコや台南、バッファロー市等の国際交流事業にも参加する。日本洋舞連合正会員。