イベント・夜間開館

イベント

ソプラノとオルガンの夕べ
~こころのふるさとを唱うⅥ~

2019年7月27日(土)
金沢文芸館

日本人のこころに残る日本内外のうたをソプラノとオルガンの演奏でお届けします。
出演:直江学美(ソプラノ)、黒瀬恵(オルガン)

プログラム
◆歌とオルガン
♪旅愁/作詞:犬童球渓、作曲:オードウェイ
♪埴生の宿/作詞:里見 義、作曲:ヘンリー・ビショップ
   
◆オルガン独奏
♪ルービンシュタイン:メロディ
♪サン=サーンス:舟歌

◆歌とオルガン
♪ゴンドラの唄/作詞:吉井 勇、作曲:中山晋平       
♪カチューシャの唄/作詞:島村抱月・相馬御風
          作曲:中山晋平

時間
18:30~(開場18:00、60分)
参加費

300円

定員

50名

予約受付
6/26受付開始
申込先
金沢文芸館 076-263-2444

  • 直江 学美/ソプラノ
     金沢市出身。国立音楽大学声楽科卒業、金沢大学大学院教育学研究科音楽教育修了、同研究生として音楽学を学ぶ。これまでに、前田圭子、青木美稚子、故塚田京子、真田守計、イジナ・マルコヴァ女史の各氏に師事。
     大学在学中より、チェコにて研鑽を積み、2004年、2006年にはチェコのディエツカオペラプラハ(こどもオペラ)のツアーにソリストとして参加、高評を得る。また、地元金沢では2000年にフレッシュコンサートオーディション(金沢芸術創造財団主催)に合格後、本格的に演奏活動を始める。これまでに、オーケストラアンサンブル金沢との共演やオペラ出演など、多くの演奏活動を行う。
    現在、金沢星稜大学人間科学部こども学科准教授。
    2013年に金沢文芸館開館8周年記念プレミアムコンサート(ソプラノ・パイプオルガン・ヴァイオリンの調べ)に出演。2014年以降、金沢文芸館ナイトミュージアム「ソプラノとオルガンの夕べ」に出演、今回が6度目の出演となる。

  • 黒瀬 恵/オルガン
     金沢市出身。武蔵野音楽大学卒業、同大学院修了。ザルツブルクへ留学。在学中より国内・ヨーロッパ・韓国でのオルガン講習会で研鑽を積む。現在金沢を拠点とし、石川県立音楽堂をはじめ国内のホールや教会のオルガンコンサートに出演。また、パイプオルガン教育プログラムも企画し、後進の指導も行う。2009年に、オーケストラアンサンブル金沢の定期演奏会(ドミトリー・キタエンコ指揮)にてソリストを務め、この演奏はNHK-FMにて放送された。
     室内楽奏者、通奏低音奏者としてオルガン・チェンバロでも出演している。オルガンを谷内江潤子、ベルンハルト・グフレラー、ダニエル・モレの各氏に師事。オルガンと通奏低音を志村拓生氏に師事。日本基督教団金沢教会オルガニスト。日本オルガニスト協会会員。
    2013年に金沢文芸館開館8周年記念プレミアムコンサート(ソプラノ・パイプオルガン・ヴァイオリンの調べ)に出演。2014年以降、金沢文芸館ナイトミュージアム「ソプラノとオルガンの夕べ」に出演、今回が6度目の出演となる。