イベント・夜間開館

イベント

ソプラノ歌手が語る魅惑の昭和歌謡

2019年9月 1日(日)
金沢蓄音器館

八日市屋館長の音楽にまつわるここでしか聞けない話やクラシックの歌と歌謡曲がどこが違うのか直江学美さんに分りやすく解説していただきました。
出演:八日市屋 典之/金沢蓄音器館長
   直江 学美/ソプラノ歌手
   田島 睦子/ピアニスト
※SPはSP盤のレコードを蓄音器で鑑賞、vocalは直江学美さんに歌っていただきました。

SP 東京の屋根の下
 唄:灰田勝彦 作詞:佐伯孝夫 作曲:服部良一
SP 胸の振り子
 唄:霧島昇  作詞:サトウハチロー/作曲:服部良一
vocal りんごの唄
作詞:サトウハチロー/作曲:万城目正
SP 夢淡き東京
唄:藤山一郎 作詞:サトウ・ハチロー 作曲:古関裕而
vocal 夢淡き東京  SP盤と生歌との聴き比べ 
SP 東京ブギウギ
唄:笠置シヅ子 作詞:鈴木勝、作曲:服部良一
vocal 港町十三番地 
作詞:石本美由起、作曲:上原げんと
アンコール
vocal 川の流れのように 
作詞:秋元康、作曲:見岳章

直江学美(ソプラノ)
2000年、金沢フレッシュコンサートオーディション合格を機に本格的に演奏活動を始める。池辺晋一郎作曲、指揮「耳なし芳一」、オーケストラ・アンサンブル金沢定期公演「ヘンゼルとグレーテル」のヘンゼル役など多くの演奏会に出演する。 現在、金沢星稜大学准教授。
田島睦子(ピアノ)
国立音楽大学、同大学大学院を首席で修了。クロイツァー賞とNTT DoCoMo賞受賞。在学中に海外研修奨学生として、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院へ。石川県新人登竜門コンサートにて優秀者となる。2012年OEK定期公演にてマルク・ミンコフスキと共演し、高い評価を得る。同年岩城宏之音楽賞を受賞。

時間
18:30~(開場18:15、60分)
参加費

500円

定員

50名

予約受付
8/6受付開始
申込先
金沢アートグミ 076-225-7780(水曜休)